忍者ブログ
お主サイトブログ
廿日市の郷土の歴史・文化などの情報発信


2020/02/23
「[PR]」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2011/05/06
「曹洞宗 洞雲寺(とううんじ)」

e25e39f5.jpeg長享元年(1487年)、今から520余年前、厳島神社藤原姓神主藤原教親(のりちか)が、当時、西の京といわれて文化の中心であった周防の龍文寺の金岡用兼禅師(こんこうようけんぜんじ)を招き開山した神主家の菩提寺です。
境内には厳島神主家であった藤原氏一族と、藤原神主家が滅んだあと桜尾城に関係した毛利家の桂元澄・毛利元清夫妻及び厳島合戦で毛利元就に敗れた敗将の陶晴賢など廿日市市内で戦国時代の歴史上有名な侍の墓が今でも残っている名刹です。




PR


神社・仏閣



<< 下水道の歴史    ホーム    廿日市市の上下水道の歴史 >>
Design by basei,koe twi